「グングニル」の発売をいよいよ来月(5月19日)に迎え、
本日より「グングニル」の開発ブログがスタートすることとなりました。
本作の開発に携わったスタッフたちによるコメントやゲームに関する情報などが
掲載されていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回(第1回)は、「グングニル」企画・原案の伊藤が担当します。
皆さん、初めまして!('▽'ノ
自分はおもにゲームシステムと画面デザイン周りを担当したので、
そのへんのお話をしようかと思います。

「グングニル」のジャンルは、タクティクス系SRPGとなります。
タクティクス系SRPGには皆さんもご存知のとおり、すでに数多くの名作が存在します。
そして、すでに成熟したこのジャンルにはセオリーともいえる
ゲーム上のシステムが存在します。
そんな"誰もが知っているゲームの遊びやすさ"を意識しつつも、
ゲームの中は、刃と刃がぶつかり、矢や魔法が飛び交う苛烈な戦場であることを忘れずに、
"決してプレイヤーを安心させない、常に緊張感のあるバトル"を目指して、
システムを作り込んでいきました。

その結果が、バトルシステムの仕様書として15637行のテキストファイルにまとめてあるのですが、
付録としてこのブログにアップしようとしたら、全力で止められました。
なので、すみません......4月14日の体験版までお待ちください。m(_ _)m
体験版で遊べる序盤のシナリオでは、仕様書7000行分くらいの要素が入っているはずです。

画面デザインは、「PSPの画面は広いからレイアウトするの楽だなあ('▽'」とか思ってたら、
いつの間にかギュウギュウになっていて焦りました。
雑誌や公式サイトで公開されているゲーム画面を見ると、
「難しそうなゲームだなあ......」と心配になるかもしれませんが、
最初の1面を遊ぶとその心配も無くなるかと思いますので、まずは試しに遊んでみてください。
困ったときのチュートリアやヘルプ機能もしっかり入ってるので、
とにかく遊んでみていただけたら嬉しいです。
グングニル体験版は4月14日。ペ●ソナ2罪の発売日と同じだから、覚えやすいよ!('▽'ノ

そうそう、代わりの付録として、エリーゼのデザインラフを用意しました。
キャラクターデザインのきゆづきさんが描かれたもので、開発のかなり初期段階のものです。
ちなみに、「エクリール」というのはエリーゼの開発時の仮名です。

02_エリーゼ.jpg

次回はシナリオ担当の浅井が登場します。
お楽しみ(?)に!

NEWS

コメントする